インプラント治療

インプラントについて

インプラント治療とは、歯を失ってしまった部分にチタン製の人工歯根を埋め込み欠損部を修復する治療です。この治療法は現在の歯科医療の中で最先端の治療法で大変注目されております。チタン製のインプラントを顎の骨に埋め込むことによって骨とチタンがしっかりと結合してくれます。チタンは人体との適合性も高く殆ど生態への影響もありません。しかし、この治療法は高度な技術を要するために患者さんの症状や治療する医師の技術などによって、治療結果も大きく左右されます。

インプラントってどんなもの?

歯科で行われているインプラントとは、歯を虫歯や歯周病、外傷などで失った場合に、義歯が簡単には外れてこないように、骨に直接維持を求めた人工の歯(人工歯根)のことを言います。従来は歯を失った場合にはブリッジといって、なくなった歯の両隣の歯を削ってない部分の歯をつくったり、取り外しの義歯(入れ歯)を作っていましたが。ところが、ブリッジについては失った歯を作る為に両隣の歯を削ることにより、削った歯の寿命が短くなったりすることがあります。


また、取り外しの入れ歯は、堅い物を咬むと痛みがあったり、咬む度に入れ歯が動いたりして、必ずしも快適な使用感が得られる訳ではありません。

現代多く行われているインプラントは純チタンか、チタン合金で出来ています。形はネジのような形や、シリンダー状、歯の根のように先に行く程細くなった形などです。インプラントの表面は昔は機械研摩してあるタイプが主流でしたが、現在では、粗造な表面構造で骨との結合(オッセオインテグレーション)が得られ易いタイプが多くなってきました。また、インプラント表面にハイドロキシアパタイトをコーティングしたタイプの物もあります。

主流は純チタンかチタン合金でできているタイプの物です。

歯を失ってしまうとどうなる?

1.噛めないことにより、消化器系への負担を与える。
2.噛めないことにより、老化を早める。
3.噛めないことにより、筋肉や顎の骨の退化がおきる。
4.食べることができなくなり、人生が楽しくなくなる。
5.しゃべりにくくなり、人とのコミュニケーションが難しくなる。
6.見た目に負い目を感じ、自然な笑顔が作れなくなる。

 

歯を失うことで、お口の中の健康だけでなく、身体全体の健康を損ねることへと繋がっていくのです。
歯が抜けてしまった個所にインプラントを埋めこむことで、美味しい食事、自然な笑顔を取り戻すことが出来ます

インプラントは安全なの?

インプラントは外科的な治療が必要になるので、安全性や痛みなどに不安を感じる方が大勢いらっしゃいます。 外科的な治療としてはさほど大掛かりな治療ではないものの、顎の骨を削り金属を埋め込むので、治療の前にこれから受ける治療について知ることが大切です。

・痛み
インプラントの手術は麻酔をするので、手術中は痛くありません。
多くの医院で、「抜歯をする時の痛みと同じくらい」と説明しています。
手術の時間は、症状や本数により異なりますが1時間以内終了するケースがほとんどで、長くても2時間程です。
通常は局所麻酔を行いますが、手術に対しての恐怖心が強い方の場合や埋入本数が多い方の場合は、麻酔医立会いの元で眠った状態で手術することができる静脈内鎮静法を用いることがあります。
手術後に鎮静剤を処方するので、手術後もほとんど痛みを覚えません。
インプラントの本数の多い方の中で腫れる方もいますが、インプラント手術は入院することもありませんし、手術の翌日からほぼ日常通りの生活が送れます。

・腫れ
曲がって生えてしまった親知らずを抜歯した後に、大きく腫れてしまった、という話を聞いたことがあると思いますが、インプラントの手術後に外から見て分かるほど腫れることはほとんどありません。しかし、一回の手術で埋入した本数が多い方は、若干腫れることがあります。
腫れや痛みはおおよそ2、3日でピークを迎え、日々減少していきます。

・出血
人工歯根を埋入後は医療用の糸で縫合するので、出血もごくわずかです。埋入本数にもよりますが、処置が小さければ出血も少なく済むので、担当医の熟練に左右されます。

・安全性
きちんと滅菌処理をした診察室や、専用の手術室がある医院で治療を行えば、感染症の心配はほどんどありません。また、インプラントの治療方法自体は、40年以上の臨床実績がある確立された安全な治療方法です。
骨の厚みが十分でない症例や前歯などの審美性が必要なインプラント治療の場合は、特に歯科医師の熟練したテクニックが必要となります。
また、短時間で手早く(しかも確実に)手術を終えることで傷口を最小限にとどめ、傷の治りを早くすることも大切です。

・生活の制限
インプラント治療の前後でいくつか注意する点はありますが、手術の前日・当日共にほぼ通常どおりの生活ができます。  

【手術前日の注意点】
・喫煙や飲酒は控えてください。(傷口をできるだけ早く回復させるため)
・夜更かしを避け、睡眠を十分にとるようにしてください。
・お食事は普段どおりで大丈夫です。

 

【手術当日の注意点】
・ 静脈内鎮静法を行う方は、手術の6時間前から飲食を控えてください。

 

【手術後の注意点】
・飲酒は傷口がふさがるまでは控えてください。
・お食事は、治療部に当たらないよう、やわらかいものを頂いてください。
・医師から処方されたお薬を服用し、ゆっくりお休みになってください。
・インプラント治療を行った部位は、主治医の指示がでるまで歯ブラシを当てないようにご注意ください。他の歯は普段どおりに歯磨きを行うことができます。

 

【上部構造設置までの注意点】
・主治医の指示に従い、定期的にチェックすることが重要です。
・何か不安を感じたときは、早めに主治医に相談しましょう。

・インプラントの寿命
インプラントを少しでも長く機能させるために一番大切なことは、口腔内全体の健康です。
インプラントはチタンでできているので、インプラント自体が駄目になることはありません。しかし、歯の土台となる歯肉が歯周病などで弱っていたり、噛み合せが悪いままインプラント治療を行うとせっかくの人工歯根を十分に生かすことができません。
インプラント治療の前に必要な治療やインプラント治療後のメンテナンスなどをしっかり行い、また、虫歯や歯周病などの早期発見もインプラントを長持ちさせるには大変重要です。

このページの先頭へ戻る