矯正歯科

矯正歯科治療について

矯正歯科(歯列矯正)は、最近では皆さんにも身近な治療となってきています。歯並びを正しく改善する為の治療ですが、この治療は見た目の改善だけではなくものを食べる運動(咀嚼)や発音の改善、かみ合わせの改善による頭痛や腰痛の改善等も期待できる治療です。今までは、ギラギラと光る金属の金具が嫌で治療を受けなかったり、成人のため時期的に効果的な治療が難しいケースもありましたが、最近の技術の進歩により目立たない矯正装置の開発や、成人矯正、部分矯正等幅広く治療が行えるようになりました。

歯並びが悪いと起こりうる問題点

  • 歯列がでこぽこで、食べもののカスがたまりやすく、歯みがきもむずかしいので、むし歯や歯槽膿漏になりやすい環境になります。上下ともこれだけでこぼこですと当然歯磨きもしにくいので虫歯になりやすいですね 。
  • 発音がうまくできないので、会話がしにくい場合があります。歯がなくなったり歯列が乱れて、発音しにくい、楽器が吹けなくなったなどと大人の患者さんに訴えられることがよくあります。それと同じ現象です。
  • うまくかめない、かみきることができにくい、かむ箇所が少ないなど、食事が不自由になります。その結果、成長期ではあごと口のまわりの筋肉の発育が不十分になりやすい、という悪循環になりがちです。前歯からわきの歯までかみあわせが悪く開いています。 奥歯の一点のみでかんでいますので、よくかめません!
  • 口もとがおかしい。歯ならびと口もとは顔のポイントです。とくに、前歯の部分の歯ならびの乱れは、会話の時、笑った時に視線を集めます。また、反対咬合(かみあわせが逆)や上顎前突(出っ歯)では、顔貌にも影響します。これだけ歯が出っ張っているとよくかめないのはもちろん、 口元も悪くかわいそうですね。

噛み合わせが悪いと起こりうる問題点

ふつうに食物を口の中でかんでも、細かくかみ砕くことができず、消化に大切な唾液とよく混ざらないまま飲み込むことになり胃腸に負担をかけてしまいます。

均等に噛むことができないと起こる問題点

筋肉や骨格にまでアンバランスが生じて 顎の成長や、顔の形にも影響がでたり、全 身の健康や成長発育にも影響を及ぼします。そのほか、本人自身が口もとを気にしてコンプレックスをもったり、発音がしにくい と感じることもあります。

小児矯正とは

乳歯と永久歯が混在している時期の矯正治療(歯並び治療)です。
成長を利用しますので、大切な永久歯を抜かずに治療できる可能性が高まるとともに、顎の発育を適切に誘導します。
乳歯や永久歯の混じった歯並びの時期は(7~12歳くらい)、あごの成長が旺盛な時期でもあります。
小児矯正とは、この時期に将来の永久歯の並びが悪くなると診断された場合、あごの成長を抑制したり促したりして歯並びや噛みあわせを整える矯正をいいます。

7歳、10歳、12歳が小児矯正のポイント時期です。

大人の矯正と違い1本1本歯につけないでも内側からワイヤーをつけたり期間は6ヶ月から1年程で料金は75,000円~200,000円と大人よりも短期間で終わります。
まずはご相談ください。

このページの先頭へ戻る